Moldavia地域紹介


by moldavia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:情報?( 6 )

トイレ事情2

急激に発展するこの地域、トイレ事情も例外ではありません。
キシニョフ(キシナウ)にあるレストランに入ったらこんなのが。。。
c0182858_22112741.jpg

個室を開けると自動的に電気がつくとか西側でも少ないレベルのハイテクトイレ。

同じく首都にある小さな2つ星ホテルでもごく普通のバスルーム
c0182858_22133211.jpg


なんですがね。。。

首都じゃないところへ行くとこういう説明を要するものが出てきます。
c0182858_2216192.jpg

とある課外学校の洗面所が現在修理中で、その代わりに図書室らしきところあるのがこれ。本体はどう見てもバケツだけど、ちゃんと水道になってます。そして石鹸だけはしっかり置いてある。

そしてもっとはずれのカフェにある(=外にある)、見た目‘新築‘らしいトイレ。ドアを開けると。。。

c0182858_22204577.jpg

。。。。。やっぱりこれか。。。。。。。
でも確かに‘新築‘らしいですね。
[PR]
by moldavia | 2009-05-31 22:25 | 情報?

公共交通機関?

キシニョフのある日の午後。。。
c0182858_85644.jpg



道を渡ろうとしてる人たち?





c0182858_8565785.jpg

バスを待つ人?









いえいえ、この人たちが待ってるのは普通の車、そう、ヒッチハイクです。通る車のナンバープレートを見て、行きたい地域の車で乗れそうだったら止めるそうです。上の人たちは交渉に入っていたのです。ま、後は値段次第?
この人なんか行き先を書いた紙を出してるので分かりやすいですね。
c0182858_934516.jpg


今のところまだまだこういうことが‘普通‘の移動手段なので、運転する人もそのつもりなのか、割と簡単につかまるそうです。でも、あくまでも地元の人の‘公共?交通機関‘、どんな人が運転してるかも分からないものなので、現地に慣れてない人、どこから見てもガイジンの我々の場合は当然のことながら勧められるものではありません。現地人いわく、日本人を連れてるだけでもちょっと困る。。。そうなので、危ない橋は渡らずに正規の交通機関を使うか、信頼出来る所に依頼しましょう。
[PR]
by moldavia | 2009-01-31 09:18 | 情報?

乗り物

諸事情により、暫く更新せずに放置してありました。(こないだのブタがなかなかいい感じだったので。。。?)
さて、今日は乗り物です。
こういう地域に行くと、ちょっと違うのが乗り物。ま、飛行機、電車、バス、。。。はいいとして、もうちょっと日常的なのが
c0182858_174949.jpg



宅急便の車。。。ではなくて、乗り合いタクシー?
(キシニョフ)


バスと同じように、決まったコースを走る決まった番号の車があり、その路線上ならどこからどこまで乗ってもOK. 好きな所で降ろしてくれます。
c0182858_1105084.jpg



ちなみに中はこんなふう











こういうものの終点は、いわゆる普通の(??)バスターミナルですが
c0182858_1134212.jpg

これを見てすぐにバスターミナルと分かる人がどのぐらいいるでしょうかねえ。。。

普通のタクシー、車は特にどうということはないです。例えばc0182858_1165035.jpg



ルーマニアのヤシでは正規タクシー=黄色(かそれに近い色)です。
最近は金色も増えました。


田舎のほうではこんな趣のある(??)車も。c0182858_1201987.jpg



(モルドヴァ)



勿論、原付もあります。ちょっと見た目違うけど。。。
c0182858_1255741.jpg



(モルドヴァの田舎にて)










大きな車はこういう風に乗ってもいい。。。らしいです。c0182858_1221792.jpg



キシニョフにて






更に、こんなふうにすると
c0182858_1235647.jpg

手押し車(?!?!?!)
そしてこの地方にきたら一度は見たいのがこれ!



c0182858_1281226.jpg

馬車です。

特に農村ではこういうものが今でも普通に使われていて、幹線道路でも時々見ます。
今日のタイトルが‘車‘じゃなくて‘乗り物‘になったのはこれのためです。
[PR]
by moldavia | 2008-12-28 01:43 | 情報?
マイナー地域=まずは一般的な情報や魅力的なところからお見せする予定でしたが、諸事情により先にトイレになりました。
このブログを作る目的のひとつが、西側の都会ではあまり考えつかない‘所変われば‘な情報、特に、ここを訪れる人に前もって知らせておきたい‘ちょっと困るよ。。。‘情報の提供でした。例えばトイレ!特に女性の場合、その場で‘え~~~~~何これ~~~!?!?‘では困りますよね。というわけで今日はトイレ特集です。

トイレのタイプは、建物の種類や地域などによっていろいろあります。
キシニョフのマンションだと、こんなピカピカのバスルームも珍しくないのですが
c0182858_2573227.jpg







戸建の家、古い農村、公共の場。。。などになるとちょっと事情が変わってきます。古い戸建の家だと、昔から‘トイレは家の中に持ち込まない‘と決まっていたために、トイレを広い庭の一番遠い所に作ることが多かったようです。
戸建の家のものは物置か何かにも見えます。
c0182858_33981.jpg



古くからあるもの
(トイレって言われないと分からない?)









割と新しい(?)もの(緑色の小屋)
c0182858_37528.jpg









地方のレストラン(?カフェ?)でもやっぱり外にあったり。。。c0182858_3115487.jpg


Bが男性、Fが女性です








学校などでは当然外!c0182858_3143280.jpg
















で。。。中は?!。。。。
(*繰り返します、お食事中の方はまた後でご覧下さい)

c0182858_3174532.jpg


これはルーマニアの大きな駅です(有料)。
掃除はよく出来ているけれど、どうやって使うんだか。。。今も謎。






次がモルドヴァの公共の場所。
c0182858_3194226.jpg


和式と似たような発想。こういうのをトルコ式と呼ぶそうです。
通常各個室にゴミ箱が置いてあり(右下)、使用済みペーパーはそこへ捨てます。流すと詰まるので!ちなみに、一見洋式の普通の水洗でもペーパーを流せない所が沢山ありますので要注意。


古い民家の場合、家によってスタイルもいろいろなのですが、木の箱に穴をあけたようなもの、見た目洋式便器で外から水を汲んできて自分で‘流す‘もの(水洗とは呼ばないって!?)など。これは洋式との折衷案 -割と最近出来たもの(!) 勿論水洗ではありません。(電灯もありません)c0182858_3542662.jpg


上に乗るか、新聞紙を敷いて座るんだそうです。(どっちも難しそう!)







そして。。。。。。。。。ある意味非常に分かりやすいのがこれ!
先ほどの学校のトイレの中です
c0182858_331131.jpg




使い方に悩むことはなさそうですが、使うかどうか悩みますね。かなり。
トイレはなるべく都会で済ます。。。と言うべきなんでしょうか?
[PR]
by moldavia | 2008-12-12 04:11 | 情報?

道路事情

この地域は近年道路の整備が急速に進んでいます。幹線道路に関しては以前の‘穴だらけの道‘にお目にかかることも少なくなり(最近ルーマニアの別の地域を旅行した人によると、まだかなりあるとのことですが)、大体の所はラインもちゃんと引かれています。
例えば。。。
c0182858_43437.jpg
(キシニョフ近郊)








c0182858_4045.jpg

(モルドヴァ南西部)










キシニョフ中心部でもc0182858_42848.jpg



。。。ここはラインないですね。右のちょっと色の違う部分が歩道ってことになってます。ラインや段差がない分車も歩行者もよく気をつけているようです。



中規模の街にちょっと入り込むとこんな感じ。。。c0182858_465763.jpg













。。。はまだいいとして、だんだんこんなふうになり
c0182858_482216.jpg















c0182858_484857.jpg

















たまにこんな所も。。。c0182858_4102942.jpg














c0182858_411657.jpg



何の前触れもなくこんなものまで!
小さい車のタイヤよりちょっと大きい程度のサイズです。(危険過ぎる!) 何の事故もないのはそれだけみんなが注意して通るからなのですが。

しかも街灯が少ないので夕方には夜中並みにに暗くなり、c0182858_4135594.jpg















c0182858_416192.jpg

ちゃんとしたライトがないとこれ。まっすぐ向こうに道が続いてるんですが、そこに立っても見えない。。。繰り返しますが、まだ夕方です。地元の人にはよく見えているのか、子供たちも遊んでいました。




。。。この地域の道路事情、多種多様です。
ちなみに、写真がないのですが、ルーマニアとの国境(レウシェン、ルーマニア側はAlbita)からキシニョフへの幹線道路(少なくとも国境付近)は西側主要都市並みのきれいな道路です。
[PR]
by moldavia | 2008-12-10 05:13 | 情報?

どうやって行く?

お世辞にもメジャーとは言えないこの地域、問題その1は行き方(それ以前に、一体どこにあるのって?!)なのですが、詳しいことはガイドブックや他の方の情報にお任せするとして、ごく簡単に言えば。。。

飛行機 -モルドヴァに行く場合モルドヴァの首都キシナウ(キシニョフ)の空港、ルーマニアに行くならブカレストといくつかの主要都市に国際空港があります。

鉄道 - ブカレストからキシナウ(キシニョフ)まで1晩(?)、モスクワからキシニョフ(キシナウ)まで2晩とのことです。c0182858_4251523.jpg


(こんな電車も走ってます。)











車、バス -現地の人は車やバスを使うことも多いのですが、バスならともかく車の場合、まだまだ旅行者向けに作られていないので標識が少なく、とにかく分かりにくい!!
のと、国境を超える場合かなり面倒なようです。
また、モルドヴァ ー ルーマニア間の国境を通れるタクシーは‘国際免許‘(タクシーの?)を持った人だけなので、国境付近の街でタクシーを拾っても国境手前までしか行けないことがあります。

徒歩(モルドヴァとルーマニアの国境) -国境には鉄道専用と車両専用(道路)のどちらかしかなく、車両用の国境は基本的には徒歩では渡れません。
c0182858_4442518.jpg


(国境付近、ルーマニア側。空港や国境地帯は撮影禁止のため、これより向こうはお見せできません)







結論。。。。。西ヨーロッパを旅行するのとはちょっと事情が違います。お気をつけて!
[PR]
by moldavia | 2008-12-09 05:17 | 情報?